読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メゾン・ド・ふわふわ

エアマックス95世代。私学教職員を経て、フリーランスの物書きに落ち着く。洋服と自転車といぬねこが好き。ここは、お仕事とは無関係の、全くお金にならない文章を綴る場所。私の「じゆうちょう」。

Bianchi買うならこのお店

 各社2017年モデルがちらほらと発表されてきているスポーツバイク界隈。

 そんな中、「そろそろビアンキちゃんでも買ってみようかしら」と考えておられる美人OLもいらっしゃることでしょう。

 というわけで、大宮店を除く全てのビアンキストア(2016年8月現在)を訪れた経験のある私が、特に印象深い2店舗をご紹介。

 

青山店

 私が現在の愛車ズリーゴクンを購入する際にお世話になり、以降も足繁く通うお店。

 高所得野郎の集うおハイソタウンであらせられる南青山に君臨する、サイクルヨーロッパ社渾身の店舗。青山通りの喧騒から一歩離れた好ロケーション。 

 

 毎日とんでもねえ距離を走って通勤なさっているという噂の店長さん。その「これぞメカニック」といった細やかで実直な仕事っぷりに、私は絶大な信頼を寄せています。しかも精悍な顔つきのイケメンちゃんだったりもする。

 店長さんの右腕として活躍している女性の店員さん。愉快痛快な接客のみならず、正確無比なサイズフィッティングも印象的。

 もう一人の青年ちゃんも、とても感じが良い。挨拶程度しか交わしたことがないけれど、あの店長さんのもとで鍛えられているわけだから、腕も良いのだろう。

 

 さらに設備面でも大きなアドバンテージがあったりする。

 このお店はビアンキストアで唯一(2016年8月現在)、シマノちゃんの『なんちゃらバイクフィッティング』的な名称のフィッティングマシーンを置いていたりするのだな。よくわからないが、イイらしいぞ!

 しかしアレですな、店長さんも他の店員さんもチョベリグ極まりないという奇跡のようなお店なのだな。周囲には他にも有名なバイク関連のショップが点在していたりするし、自転車に関係のないおもしろスポットも豊富。デートに最適なお店ですな。

 

町田店

 ここは「自転車の整備の在り方」に一石を投じる斬新なお店なのだ。

 なにせ、私がディレイラーのワイヤー張り直しに訪れたら、「こういうことはお客さんが自分でできると良いんですけどね」「こんなこと(FDの異音)気にするのはお客さん(私)ぐらいのもんですよ」など感涙必至の的確なアドバイスをくれる。エポックメイキングとはこのことか。

 整備が完了していざ乗ってみると、翌日にはFDの変速が不能になったりもする。私を驚かせようという、町田店なりのサプライズなのかな!?流行りのフラッシュモブ的な感じで、店員さんたちが幹線道路沿いに踊りながら登場するのかと思った。

 さらには、「うちに預けるとフレームにキズがついても補償できませんからねえ」などと意味深長な言葉で、私のハートをドキドキさせてくれたりもする。もしかしてこの人、私に気があって「恋の吊り橋効果」を狙っているのかな!?とか思ったり。

 一見、不親切・非常識に思えるこの態度、実は訪れるサイクリストのメンテナンス技術向上を目的とした、とてもユーザー思いの在り方なのだ。なにしろ、店に頼らずに自分で修理すれば、自ずと技術は向上するからネ!

 

 「メカニックとは、整備士とは何か」といった深遠なことを考えさせてくれる、ある種哲学的ですらある優良店。

 

おわりに

 レースへの出場を考えたり、己の自転車にスポーツバイクとしての真価を発揮させたいのなら、青山店!

 自転車の購入や、その後の整備等にサプライズや哲学性を求めるのであれば、町田店!

 そんな感じかな~。みたいな~。


 以下、最近思うこと。

 「欲しいブランドがある→そのブランドの取扱いのあるお店を探す」のではなく、「近所で優れた整備士のいる店を探す→その店で取扱いのあるブランドの中から自身に合ったモデルを購入する」。

 スポーツバイクを購入する際の思考としては、これが正解のような気がする。それほどに、スポーツバイクという趣味において整備士の重要性は高い。

 2017年モデルのピュアロードバイク購入に際しては、後者の思考で臨んでみようかな。

 

 それでは、また次回。

『ポケモンGO』と自転車保険と私。

ポケモンGO』と私。

 いやはや、全国の自転車&自動車乗りの皆さんは戦々恐々としているのではないでしょうか。

 噂の『ポケモンGO』、ですよ。

 そのゲーム概要を読んだ私は、思わず失禁してしまいました。「こんなもんボウヤたちが車道に突入してくること必定じゃねえかァーッ!」と。

 リリース元が任天堂ではない点も、なんとなく「問題視された際の責任回避のためか?」などと穿った見方をさせてくれたり。

 実際は、「ポケモン」という商標自体が任天堂のものではないだとか、任天ちゃんはこのゲームの開発には関与していないだとか、そういう事のようです。まあ、私にはよくわかりませんけれども(残念ながら私の知っている任天堂は『MOTHER2』まで)。

 

 自転車&自動車乗りにとって受難の時代となるのか……。

 と思ったら、わりとあっという間にブームは去ったような印象。

 リリース当日翌日あたりは近所の公園にも「スマートフォンスッス軍団」が押し寄せていたけれど、もう既にその姿は無かったり(学校等のコミュニティでは流行っているのかしら?)。

 とは言え、まだまだボウヤたちの挙動には注意が必要。全力の「かもしれない運転」でいきましょう。

 

 ところで、このスマートフォンの操作を表す「スッス」という表現。良いと思いませんか?この私が、今、考案しました。

 転じてスマートフォンそのものを指す名詞として用いるのはどうでしょう。新しい端末を購入したら、「俺、新しいスッス買ったんだ」とか、紛失してしまった時は「あたしのスッスが見当たらないんだけど~」とか。非常にポップでキッチュ、ほんの少しのアイロニーも込められた使いやすい言葉。何とかして流行らせることはできないものか。

 

自転車保険と私。

 こんなお話があります。

自転車保険の加入義務化

大阪府/大阪府自転車条例

 一般紙でも取り上げられたりしていたので、ご存じの方も多いはず。大阪府では自転車保険加入が義務になりますよ、というもの。

 私の個人的な感想としては、これは素晴らしい取り組みだと思うのだな。

 で、「素晴らしい取り組みだ」などと偉そうにのたまう私は当然自転車保険に既に加入していたりするわけです。

 

 というわけで、今回はおすすめの自転車保険についてのエントリ。前述の『ポケモンGO』ブームとも微妙に関連があったりする感じですな。

 ……なのですが、ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、このブログは情報の精度としてはかなりふわっとしています。

 なので、「自転車 保険 おすすめ」などで検索して運悪くここに辿り着いてしまった方は、くれぐれもリンク先のサイトをよくご覧になったうえ約款等も熟読して、ご自身にとって本当に有益なサービスを選んでください。

 

セブン‐イレブンで入る三井住友海上の自転車向け保険

 正式名称がイマイチわからないこの保険。最後まで候補に残っていたのだけれど、疑問点を尋ねようと電話をかけたら、オペレーターあんちゃんに「その点に関しては約款に詳しく記載されておりますので、そちらをご確認ください」と言われてしまった。

 「いやいや、それを説明するのがキミの仕事ちゃうんかい」と思い、受話器をそっと置いてしまったよね、私は。客を一人逃したのだぞ、あの時のオペレーターくん。

 というわけで、この保険は私的には選考から除外。

 

ちゃりぽ

 これも自転車保険なのだけれど、特徴としては盗難保険も併せて設けているところ。盗難保険、ちょっと良いなと思ったのだけれど、結局のところ私は「自転車をどこかに置いておく」ということをしないのだよな。日常の足として使うわけではなくて、「自転車に乗る」ことを目的として自転車を運用しているから。

 逆に言うと、ちょっと良いクロスバイクなどを日々のお買い物に使うという人には、おすすめできそう。

 ちなみに、例のサイクルクラブで知り合った私のお友達であらせられる高所得ピナレロおじさんは、この盗難保険にも加入しているそうな。

 この人はドグマをそこいらに無造作に放り投げて食事に行ってしまう人なので、確かに必要かもしれない。

ピナレロとは―
 イタリアの自転車ブランド、PINARELLO。全体的に良いお値段。これをラフに扱っている人は富裕層。日夜「キズがついてないかチェック」をして床の間に飾るのは無理して買っちゃった層。このおじさんは勿論前者。ドグマ(DOGMA F8)は、そのフラッグシップモデル。

 

au損保 自転車向け保険 Bycle

 で、最後はau損保ちゃんの『Bycle』。

 補償部分については殆どの事業者が横並び的な印象なのだけれど、この保険に関しては他社にはない特徴を備えています。

 それが、「自転車ロードサービス」。一言で言うと、「自転車版JAF」みたいなサービス。アクシデントが発生して走行不能に陥った際に、自転車を運搬してくれたりするというもの。

 勿論、どのようなケースでも運搬してくれるかというと、そういうわけではなくて、色々と制約があったりする。条件についてはよく確認しておきましょう。

 結局、私はこのau損保ちゃんの『Bycle』に加入することとしました。決め手となったのは、やはり「自転車ロードサービス」ですなあ。

 私は自動車方面ではJAFの会員になっているので、やはりそれと似たサービスが提供されるというところに魅力を感じました。「ロードサービス」、安心感がダンチですな。高島平。

 

 この8月現在で加入から半年強経過かな?幸い、この保険のお世話になるようなことに遭遇することなく自転車ライフを楽しめています。

 当然、掛け捨てではあるけれども、この金額でロードサービスまで提供されるわけだから、ジョリーグッドでスプレンディドな商品だと言えるでしょう。

 ただ、当然のことながら保険に加入しているからと言って、危険が迫った際に「保険バリアーが瞬時に守ってくれる」というわけではないので、くれぐれも安全運転でライドを楽しみましょう。自動車教習所のおじさんが言っていた、「かもしれない運転」イズムを忘れずに……。

 

それでは、また次回。

 

https://twitter.com/fuwafuwa_no_ie