メゾン・ド・ふわふわ

エアマックス95世代。私立大学でキャリアカウンセラーをしたり、紙媒体に駄文を綴ったりしてお金をもらっている。洋服と自転車といぬねこが好き。ブログは非営利。

バイクス!

好きなブランドが無いのなら、自分でつくればいいじゃない。

と言ったのは、かのマリー・アントワネット的なひとではなくこのぼくです。 このブログで再三にわたり、しつこいぐらいに散々っぱら申し上げているように、ぼくはブランドというものに興味がない。なぜなら、ぼくは「何かに憧れる」ということが無いからだ。…

こんな輸入代理店はイヤだ!

♪ほーしくずが~ うーみにおちーて かーいになぁったよ~ (中略) ♪よあけまでーも~ みつめていたよ~ チャチャチャラチャラチャチャッ!! (プロ野球選手が着ていそうなド派手なセーターを着たぼく登場) 今週もいってみましょう!こんな輸入代理店はイヤだ!クビクイックイッ (…

極私的自転車関連店舗評価。~『Rapha.』の巻~

ビンディングシューズ生活5年目にして初の「立ちゴケ」を経験し右足首捻挫中のぼくは、パンパンに腫れあがった右足にイライラしながらこう叫ぶ。 「Rapha.屋さんの話でもしよっかなぁ!!」 そういうわけなので、今回はRapha.のお話です。 どうせなら女子っ…

「俺のじゃねえからマインド」と私。

あまりにもアレな出来事であったため、今回のお話に登場する店舗の名前は伏せておこうと思う。そうは言っても、カンの鋭いおまえとかであったらどのお店を指しているのかピンとくるかもしれない。こないかもしれないけど。 そもそも、表題にある「俺のじゃね…

極私的自転車関連店舗評価。~『ブルーラグ』の巻~

ぼくが自転車野郎となってから、まる5年が経過しようとしている。その愉快痛快な日々の中で、多数の店舗ちゃんを訪れてきた。そこで見聞きした物事を、これから自転車を好きになるかもしれないおまえとかのためにフィードバックしていこうと思う。 というわ…

ごきげんミニベロおじさん。

ビアキン(ビアンキの日本代理店企画車のこと。サイクルヨーロッパジャパン車ともいう)の激安ミニベロを購入して半年程度が経つ。ここで、その愉快痛快な日々を振り返りつつ、ミニベロがいかにゴイスー即ちすごい存在であるかを語ってみたいと思う。 ミニベ…

チョベリグじてんしゃ祭。CHAPTER2もあるヨ。

ぼくは「みんなとおなじ」が嫌いだ。クルマであれ、洋服であれ、言葉であれ、何でもそう。「皆が選ぶもの」はそれだけで選択肢から除外される。「替えのきく存在」ではなく「唯一の存在」でありたいのだ。 そんなぼくなので、必然的に「誰も乗っていないもの…

「O.L.D.」と「ブレーキ方式」と私。

今回のはなしは、フレームを買うごとにホイールも新調するような富豪には全く関係のないはなしです。これは、どうにかしてお金を節約したいぼくのような「貧しき民」「持たざる者」のためのおはなしですのでね。 でもあれでしょう?このブログに来るような人…

海外通販と私。

海外通販のはなしです。自転車関連のね。 ご存知の通り、自転車グッヅは内外価格差が激しい。フレームだったり、コンポだったり、ホイールだったり。日本企業のシマノ製品ですら海外の方が安いって、どういうことなのさ。 そういうわけなので、ある程度ロー…

最近のぼく。

あまりにも更新が滞ると、「自分で組み立てた自転車が走行中に崩壊して重傷を負ってしまったのかな?」とか「お空へ旅立ってしまったのかな?」などと思われそうなので、最近の爆走の履歴を報告したいと思う。ツイッタ貼り付けの手抜きエントリです。 今日は…

GIRO PRIVATEER LACE と私。

「どこかにかっこよい自転車ズックはないかなあ」、そのようなことを考えながら日々を過ごしていました。 今までは大体においてDZRやCHROMEのビンディングスニーカーを着用していたぼくですが、ここにきて久々に「ちゃんとした自転車ズック」を欲するように…

持たざる者による、ロードバイクの自前オーバーホール。2

~前々回のつづき~ maisondefuwafuwa.hatenablog.com 3.交換用パーツの購入 今回のオーバーホールは単に洗浄だけが目的というわけではなく、一部パーツの換装も目的の一つなのだ。長年の「どろんこ遊びからのシャワーBUKKAKE水洗い」によって、ベアリング…

BIANCHI MINIVELO7 と私

その日のぼくもいつものように仕事が捗らず、ネットサーフィングに興じていた。 どこかにSurlyかALL-CITYの激安フレームが転がっていないだろうかと、海外通販サイトを中心に巡回だ。いつものサイトに特にめぼしいものはなかったため、国内のウェッブサイト…

持たざる者による、ロードバイクの自前オーバーホール。1

持たざる者、貧しき民による「ロードバイク(厳密にはシクロクロスだけど)の自前オーバーホール」。 ロードバイクのオーバーホール、ここでは分解・洗浄・パーツ交換・再組立てを指すわけですが、これを自転車屋さんに頼むと、平気で「パーツ代を除いた工賃…

FSAのクランクを自力で切断する系男子

「持たざる者」であるぼくは、自転車のオーバーホールに二万円も三万円も出せないのだ。自転車屋さんに三万円もお支払いするのは、「持てる者」であるお金持ちに任せておけばよい。 そんなわけで、この数年間乗車しまくっているBianchi「ZURIGO」の分解・洗…

(台湾生産だけど)イタリアの風を!Bianchiの職人魂を感じるぜーッ!!

(台湾生産だけど)イタリアの風を!Bianchiの職人魂を感じるぜーッ!! (謎カーボンフレームだけど)DeRosaならではの繊細な乗り味だぜーッ!! (ライセンス商品にすぎないけど)GIOSブルーだぜーッ!ルイガノ最高だぜーッ!! ……もはやドッペルギャンガ…

MR. PINK 10TH ANNIVERSARY !!!

さ、今回は【MR. PINK 10TH ANNIVERSARY】を買わなかった話です。 「買わなかった話?」 はい。買わなかった話です。 ……ちょっと待ってちょーよー。帰らないでちょーよー。ブラウザ閉じないでちょーよー。チョー・ヨンピルよー。 このグンバツにイカしたジョ…

監査法人チョーアツ

いやあ、暑いですね。超アツい。 「チョーアツ・ジェファーソン」みたいな。 「監査法人チョーアツ」みたいな。 「きかんしゃチョーアツ」みたいなね。 はい。 今回はね、私が日々の爆走に使用しているBianchi(ビアンキ)のZurigo(ズリーゴ)の雄姿を掲載…

ひねくれもの向け自転車2018

私には、「同じブランドの自転車に乗った愛好家たちと同じジャージを着て親睦を深めたい」みたいな欲求がないのです。全くない。1オングストロームほどもない。 むしろ、「誰も乗っていない、所有していないものに乗りたい」と思っています。そこで、同じよ…

わしちゃんのスーパーハイパー自転車日記

六月某日、快晴。 今回の相棒はコレだ。ところどころ錆が発生し最高にダメまっている、大陸産折りたたみくん。別名「鉄の塊」。盗難の心配がないので、こと写真旅においては使えるヤツなのだ。 このキュートなカゴにアーイパッドを直にブチ込んで、いざレッツラゴー!…

尾崎親子との出会い。

漸く鎖骨の痛みから解放された私は、久々のライドを愉しんでいた。 海岸線を軽く流した後、七里ガ浜近辺の防波堤に愛車のズリーゴちゃん(BianchiのシクロクロスZURIGOのこと)を立て掛け、沈みゆく夕日を眺めていた。 平日の夕暮れ。観光客の皆さんもまばら…

骨折と私。

よく晴れた秋の土曜日、他県にあるMTB向け泥遊びコースへと遊びに行くこととなった。 メンバーは自転車友達である富豪さんと庶民くん、そして私の3名。富豪さんの巨大なクルマに各々のバイクを積んでレッツラゴー。 道中、『アウトレイジ』ごっこを提案…

Bianchiって、何屋さん?

ところで、日本におけるBianchiって、何屋さんなのだろう。 謎のロゴ入りバッグや腕時計を販売してみたり、謎の海の家を営業してみたり。「自転車屋」として築いてきたブランド力を、自ら放棄していっているように思えるのは私だけか。 こうした試みによって…

自転車ブランドにおける「日本企画車」的なやつ。

世界には様々なスポーツ自転車のブランドが存在するわけだけれど、それらのブランドが展開する自転車のラインナップは、各国で共通というわけではない。 輸入代理店やその他諸々のアニキたちによるマーケティングの結果、主にサイズ展開等の面において差別化…

急激にダサまっていく私のズリーゴ。

前回のつづき。 www.cyclowired.jp 私のズリーゴクンはカンチブレーキなので、ブレーキ付近のクリアランスに問題があり不採用。逆に、キャリパーブレーキのロードバイク(ロードバイクの大多数が該当)に乗っていてフルカバータイプの泥除けを探しているアニキ…

恐汁。

相も変わらず毎日のように134号線を爆走している私。 駆るのは7割ズリーゴ(Bianchiちゃんのシクロクロス、ZURIGOのこと。イカす)クンで、3割大陸産激安折り畳み(前エントリ参照のこと)クン。 自転車のお友達とライドオンな今日は、ズリーゴクンの出番さ。 ご…

大陸産激安折り畳み自転車と私。

折り畳み自転車が欲しい。 いつものようにズリーゴ(とにかくイカしていると近所で評判の私の愛車、Bianchi謹製シクロクロスZurigo。過去エントリ参照のこと)で海岸線を爆走していたら、DAHONっぽい折り畳み自転車を見かけた。イカす!ぼくちんも折り畳みが…

(サドルに)尻は添えるだけ。

ただ今、仕事部屋移転に伴う諸々にまいっちんぐ中。色々とくちゃくちゃなので、少しおやすみ。 2016年11月中旬には再開したいのココロ。

CHROME TRUK PRO を超絶即買いする私。

その日は珍しく夜間のライドを楽しんでいた。 お仕事も片付きゴキゲンな私は、小沢健二featuringスチャダラパーの『今夜はブギーバック』を熱唱しながら幹線道路を軽快に走行。 そこになんと、無灯火逆走ママチャリ青年が正面から爆走してきたのだ! すれ違…

ゴリゴリと私。

今日もシクロクロス*1で幹線道路を疾走する。道行く美人OLやマブい女子大生からの視線を背中に感じながら。 耳に届くのは、風を切る音とブロックタイヤ*2が奏でるロードノイズ。それは、まるでパッヘルベルのカノンの通奏低音のよう。 「あの筋肉!まるで…