読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メゾン・ド・ふわふわ

エアマックス95世代。私学教職員を経て、フリーランスの物書きに落ち着く。洋服と自転車といぬねこが好き。ここは、お仕事とは無関係の、全くお金にならない文章を綴る場所。私の「じゆうちょう」。

【クロスバイク】 Bianchi の 2016 CAMALEONTE 1 を購入してホクホクな私。

 所謂、「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ世代」である私。流石に良い歳になってきました。友人との会話にも、健康に関する話題が増えてきています。彼ら彼女らに久しぶりに会ってみると、平気で一回り肥大化していたりするのです。

 私だって他人事ではいられないわけですな。毎日、小洒落たカフェーで甘いココアばかり飲んでいる場合じゃあないのです。年齢を重ねるごとに基礎代謝も落ちているわけですし……。

 で、ここ数年常に考えているのが、「何か運動をしたいなあ」ということ。フィットネス効果があり、ストレス解消にもなり、単独で楽しめ、見た目的にもシャレオツなやつ……。そこで思い当たったのが、「自転車」だったわけです。

 

f:id:maisondefuwafuwa:20160316163019j:plain

 

 そこから怒涛の勢いで情報収集*1をし、ついに購入!いや、これはもはやただの購入などではない。超絶購入なのだ!よくわからないけど!

 2016モデルのCAMALEONTE 1*2 WHITE/CELESTE、55サイズです!

 ビアンキストア*3の頼れるアニキによると、私の身長体重(182/72)だと55サイズが最適だとのこと。アニキの助言通り、まさにジャストマッチな乗り心地。シートポスト(サドル)の高さ的には、上の写真の位置でぴったりです。ちなみに、こうした「サイジング」はスポーツバイクを選ぶ際に最も重視すべき点だと言っても過言ではないようです。バイクのパフォーマンスを最大限に発揮させるには、身体とフレームのサイズを合わせることが必須なのですなあ。

 カラーについてですが、ビアンキの象徴とも言えるCELESTE(チェレステ)にすべきか最後まで悩みました。最終的には、真夏の空に浮かぶ純白の雲を思わせる、爽やかでキリリとしたホワイトに惹かれて白ベースのモデルに決めた次第です*4

 ちなみに、各社から2017年モデルが発表されたら、ロードバイクにも挑戦していきたいと思っています。  

f:id:maisondefuwafuwa:20160316162608j:plainf:id:maisondefuwafuwa:20160316162430j:plain

 

 成約から1週間ほどで納車されました。

 いやあ、スプレンディドと申しましょうか、マーベラスと申しましょうか、とにかく美しいですなあ。緩やかに丸みを帯びたトップチューブがセクシー。所々に佇むカメレオンの意匠がファニー。純白のフレームにオレンジのラインがサニー。思わず韻を踏んでしまうほどゴキゲンな一台です。

 帰宅してライト等を装着し初ライド。とにかく運転が楽しいですな!

 坂道もスイスイですな。スイスイ*5。道行くママチャリ……もとい、軽快車の女子大生が憧れの眼差しでこちらを見つめているぜ!今だったら……きっと今だったら学園のマドンナにだって告白できるに違いない!そんな風に思わせてくれるほど、テンションの上がってしまう乗り味なのでした。

 個人的には、車だけを運転していた頃よりも、さらに交通法規を意識するようになった感があります。右側通行も信号無視もチョベリバ*6なのです。納車に合わせて、手信号*7も勉強しなおしましたよ。

 清く正しく品行方正な自転車乗りでありたいものです。それがひいては、ライダー全体の地位向上に繋がるのだから。

 

 そんなわけで、私の愉快痛快*8な自転車ライフが始まりました。

 スーパー楽しいわけです。日々の運転が。行く行くは、なにかしらのイベントに参加したいなあ。「皆でのんびり走る系」のもの。下調べをしておこう。

 

f:id:maisondefuwafuwa:20160316162700j:plain

 

 ……しかし!サドル!これはよろしくない*9!微妙すぎてアレがナニしちゃう!

 このサドルにまつわる騒動については、またのエントリで。

 

maisondefuwafuwa.hatenablog.com

*1:どのように情報を集めたか、購入の際に心がけたこと等は、別のエントリでまとめたいと思います。

*2:カメレオンテウーノ。カメレオンワン、と言う店員さんもいる。どちらが主流なのかは不明。なにせ、自転車に詳しい友人が皆無なもので……。

*3:南青山や表参道等、主にシャレオツな街に存在するシャレオツなBianchi直営店。

*4:というよりも、他者と被るのがどうしようもなく苦手な性分なので、人気のありそうなチェレステを避けたのです。

*5:抵抗なく漕げちゃう様子。もうすごいんですから。

*6:「超ベリーバッド」の略。90年代語ですな。

*7:ロボットダンスみたいなアレです。

*8:人生というのは、いつもこうありたいものです。

*9:個人の感想です。