メゾン・ド・ふわふわ

エアマックス95世代。私学教職員を経て、物書きに落ち着く。洋服と自転車といぬねこが好き。ここは、お仕事とは無関係の、全くお金にならない文章を綴る場所。私の「じゆうちょう」。

【クロスバイク】カメレオンテちゃんのサドルがアレ過ぎてナニがコレですな。

ふわっふわです。ふわっふわ。

 紆余曲折ありまくった結果、めでたくCAMALEONTE 1 を入手して無期限ホクホクおやじ化*1していた私。

maisondefuwafuwa.hatenablog.com

 

 そんなノリにノっていた私ですが、日課のサイクリング*2から帰宅後に、ある異変に気づきました。

 心なしか、穿いていたパンツ(下着ではない方。尻上がりのイントネーション。)の生地の劣化が激しいような?股間部分がやけにふわっふわになっている……?

 

 まさかと思いサドルをよーく確認してみると、サドルの表面が微かにザラついていやがる!

 今日おろしたばかりのカーゴパンツ

 某セレクトショップで3万円弱もしたものなのに!

 あまりの出来事に、釈迦も仏陀も裸足で逃げ出すほどに温厚だと言われる私の口から、あやうくFワード*3が出てしまうところでした。

f:id:maisondefuwafuwa:20160316162700j:plain

「お洋服が劣化しちゃう問題」発生。

 要するに、「サドル表面の微細なざらつきにより、お洋服が過度に劣化してしまう問題」が発生したわけですな。

 

 自転車に勝るとも劣らず洋服が大好きな私にとって、これは致命的。「大切な○○別注のジーンズが不自然に色落ちしちゃった!」とか、「お気に入りのワンピ*4のお尻が、羽衣のように薄々になっちゃったわ!」とか、そんな感じになってしまいかねないのです。ワンピは着ないけど。

 

 このカメレオンテを通勤に使おうと思っておられる方は、特に注意が必要です。スーツのパンツ(所謂スラックス的なアレ)は摩擦にすこぶる弱いため、発注時に表面の滑らかなタイプのサドルとの換装をお願いすると良いでしょう。レザーやフェイクレザーのタイプがおすすめ。

 ちなみに、私が購入を検討しているのが、『SELLE-SMP TRK』『TIOGA Geminus Aura』『GP VL-1146』といったサドルたち。先人たちの評価も上々な、『SELLE-SMP TRK』にしようかな。デリケートゾーン*5にも優しいらしいし。

 いずれかを購入したら、またこのブログで報告しようかと思います。

f:id:maisondefuwafuwa:20160322020721j:plainf:id:maisondefuwafuwa:20160322020739j:plain

出典:www.cb-asahi.co.jp/item/03/00/item30647000003.html

   www.cb-asahi.co.jp/item/02/00/item30653300002.html

次年度モデルは、果たして……? 

 設計思想として、恐らくは街乗りも強く意識しているであろうクロスバイクというカテゴリ。

 であるとするならば、この「ざらつきサドル」の標準化は避けるべきだったのではないかなあ。せっかく食いついてくれた女子っ子*6ちゃんが、「洋服が痛むから」と乗ってくれなくなっちゃうかもしれないよ?

 次年度モデルでは、この点が解消されているとよいのですが、果たして……。

maisondefuwafuwa.hatenablog.com

*1:非常に機嫌の良い様子。年に数回しか訪れない。

*2:ポタリング」とも言うらしい。なんともシャレオツな響きですな。

*3:例のお下品な言葉。

*4:なんとなく年齢を感じさせる略語。今どきの高校生女子なんかも「ワンピ」って言うのかしら?

*5:デリケートゾーンだとかセルフケアだとか、大変ですな。色々と。

*6:しかしアレですな。さすがビアンキちゃんですな。女子っ子にも人気の様子。私が自由が丘のビアンキ屋さんに出かけた際にも、およそ自転車には興味が無さそうな(偏見)お嬢さま風女子がママと一緒に来店していましたよ。その姿を「フヒヒ」と眺めつつ、ライトやスタンドを購入する私。