読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メゾン・ド・ふわふわ

エアマックス95世代。私学教職員を経て、フリーランスの物書きに落ち着く。洋服と自転車といぬねこが好き。ここは、お仕事とは無関係の、全くお金にならない文章を綴る場所。私の「じゆうちょう」。

【シクロクロス】Bianchi Zurigo (2014) を超絶即買いする私。

 

maisondefuwafuwa.hatenablog.com

  「買う買う詐欺」に終わった前回のお話はこちら↑。

ダブル浅野でいえば温子さんのイメージかな、このツヤツヤブラックは。

 お仕事の打ち合わせがグンバツ即ち抜群のタイミングで終わったため、生意気にも青山・表参道方面*1へと向かうこととしました。

 この街には、私が贔屓にしまくっている『ビアンキコミュニティ青山*2』が存在しているのだ。ここの店員ちゃんたちは、トゲのついた肩パッドをつけているようなアナーキスト*3ばかりなので、非常に愉快だ。都内在住でビアンキの購入を検討している方は、一度足を運んでみるといいかも。

 入店早々、在庫など無いことは知りつつも、ビアンキシクロクロス「ZURIGO」の55サイズについて尋ねてみる。

 

 「2014年のものなら一つあるんですけどねぇ……」
 え?ズリーゴちゃんの55サイズ?あるの!?
 「ええ。でも、2年前のモデルなんですよ」
 見せていただけませんか?
 「現行モデルとデザインが異なりますし、ブレーキもディスクじゃなくてカンチ*4ですよ?」
 構いません!ちょっと見せてください!

 

 そしてバックヤードから引っ張り出される「ZURIGO 2014」ちゃん。
黒光りしたセクシーなボディに、現行のものとは明らかに異なるフォントで描かれたBianchiの文字。

 

 ダセえ(失礼)!
 だがむしろそこがイカす!一周してかっこいい!

 この時点で、既に私の脳裏にはこの車体を担いで泥まみれになっているにわかシクロクロッサー*5の姿が浮かんでいた。

 

無敵の衝動買い野郎。

 買うゼ買うゼ今すぐ買うゼーーッ!

 そう店員ちゃんに告げた私は、およそ30万キロメートル毎秒ほどの速度*6でお近くのATMにダーッシュ!

 数多の使用者たちの手脂で汚れた小汚ぇタッチパネルをピポピポッ!

 出てきた札束*7を握りしめッ!

 お店でキャッシュをドーーンッ!

 防犯登録書き書きーーッ!

 そして、おもむろに前輪をバラして自慢のAクラスちゃん*8のトランクにドーーンッ!とはしないでそっと置く!

 

 今の私は完全無欠の衝動買い野郎だゼ!無敵だゼーーッ!と思ったけれど世の中にはもっと凄い額の衝動買いをサクサク実行しちゃう富豪野郎がたくさんいるのだろうなあ羨ましいなあとも思った。そしてクルマを走らせ、無事に帰宅。

 長くなりそうなので、黒光りズリーゴちゃんの写真やインプレッション的なものについては、次回にゆっくりと。

f:id:maisondefuwafuwa:20160413171326j:plain

 帰宅直後に撮れた一枚。何を意図した構図なのかは不明。

*1:なんだかんだ言っても、やっぱり楽しい街ですな。稀に見かけるローディは、やはりこの近辺に住んでいるのだろうか。高所得野郎め。

*2:Bianchi直営店の一つ。広くてシャレオツで、なにより店の人々の雰囲気が良い。

*3:実際は真っ当な店員ちゃんたちばかりです。

*4:東京ラブストーリー』における織田裕二演じる主人公の愛称。

*5:私のこと。

*6:所謂、光速というやつ。

*7:というほどの厚さは無い。

*8:これに乗っていればダメな人でも何となく「いい感じ」を演出できちゃうと世界中で大評判のメルセデスが発売している自動車。私のような庶民でも購入できちゃうグレード。