読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メゾン・ド・ふわふわ

エアマックス95世代。私学教職員を経て、フリーランスの物書きに落ち着く。洋服と自転車といぬねこが好き。ここは、お仕事とは無関係の、全くお金にならない文章を綴る場所。私の「じゆうちょう」。

【サドル】デリケートゾーンと私。

 しかし、なんですな。愉快痛快なポタリングも、夕方の下校時刻に重なると割と恐怖ですな。並走逆走なんでもアリの世紀末状態に、「かもしれない運転*1おじさん」である私はひたすら戦慄するのでした。

 ヤングたち!気をつけてよね*2

f:id:maisondefuwafuwa:20160430194919j:plain

ズリーゴクンはデリケートゾーン*3には厳しかった。

 見事なまでに社会を斬った*4ところで、前回のつづきです。

 オウサムにしてマーベラスなズリーゴちゃん*5との蜜月を過ごして無期限ホクホク野郎化している私ですが、実は股間が超痛えのでありました。チョベリバ*6です。

 世間で言われている解消法、「坐骨を立てて座る」「サドル、ペダル、ハンドルに荷重を分散させる」等を試してみても、痛えものは痛えのです。

f:id:maisondefuwafuwa:20160430210717j:plain

 となると、原因はこのサドルか*7。調べたところ、Selle San Marco の「ERA START POWER」というものらしい。クッション性はあるけれど、如何せん平坦すぎる。股間方面がダメになってしまいそう。というか、既にダメになっています。

 なにしろ、2時間程度走っただけで「おや?私のナニ*8が知らない人のナニと置き換わってしまったのかな?」と錯覚するほどに、痺れによって感覚が無くなっていまうのだから。

 

サドル買いまくりの日々。

 そこでAmazonちゃんに泣きついて急遽入手したのが、この「VELO(ベロ) OSPREY O SL-VL-170」というサドル。

f:id:maisondefuwafuwa:20160430210844j:plain

f:id:maisondefuwafuwa:20160430210906j:plain

  いざ装着!と思ったら……。お分かりいただけるだろうか?ヤグラの幅とレールのそれが合っておらず、浮いてしまっているのだ。写真は、向かって右側のレールを溝と合わせている状態。久々のマチコ状態*9です。

 何のための統一規格なんだよ!アバウトすぎるぜ!返品!

 

 次はコイツだ!「GP(ギザ プロダクツ) サドル VL-1146」!前回の教訓を活かして、今度は実店舗で購入しよう。

f:id:maisondefuwafuwa:20160430211056j:plain

 思った通り、レール幅には個体差がある様子。お店の方に事情を話してメジャーで計測させてもらい、無事にズリーゴクンのヤグラにジャストマッチなブツをゲット。若干の重量増ではあるけれど、股間の具合はなかなかに良い。

 デフォルトのサドルだと痺れ始めるまでの時間が2時間程度。対するこのVL-1146だと3時間は持ちこたえる、みたいな感じ。

 これで「穴あき」は確かにデリケートゾーンの痺れに効果があるということが分かったわけだから、大きな収穫と言えよう。

 

高級サドルの登場に、思わず股間もボンジョルノ。

 ということは、もっと大きな穴あきを使えば、さらなる効果が見込めるのでは?そう思い至った私は、怒涛の勢いでお店を巡回しまくる。

 で、発見したのが selle ITALIA の「MAX SLR GEL FLOW」ちゃん。

 さて、おいくらかしら?……¥17,900(税抜)!イヤダヨオオオオ!!

 しかし、これで「股間がダメになっちゃう問題」から解放されるとしたら、安いものだ。ちょうど目の前に現物もある。レール幅もチリバツだ。買うしかない!そう自身に言い聞かせ、超絶即買い*10

f:id:maisondefuwafuwa:20160430194721j:plain

 これが大正解でした。「いくら走っても全く痺れない」とまではいかないまでも、「痺れ始めるまでの時間」はさらに伸びた印象。ほぼ休憩なしで50kmほど走ってみたけれど、その際も殆ど痛みを感じることはありませんでした。というわけで、私はこのセライタリアちゃんを相棒に、シクロ道に邁進いたします。

 私と同じ悩みを抱いている自転車野郎*11は、一度これらの穴あきサドルを試してみるといいかもしれません。ピュアロードバイクならセライタリアちゃん、クロスバイクだったらGPちゃんが合いそうですな。

 

過去のエントリにもサドルのお話があるぞ↓!

maisondefuwafuwa.hatenablog.com

*1:根本がネガティブ思考な私が運転をすると、ナチュラルにこの感じになる。「そこの角を曲がったら犬のうんちが落ちているかもしれない!」とか常に考えちゃう。

*2:もちろん、真っ当な運転の子が大多数だとは思うけれど。

*3:小林製薬が考案した(と思われる)、股間方面の部位を限りなくマイルドに表現できる画期的な言葉。

*4:斬ってない。

*5:Bianchi Zurigo(2014) のこと。

*6:超ベリーバッドの略。

*7:あくまで個人の感想であり、「私には合わない」という意味です。

*8:生まれて初めて「ナニ」という表現法を使いました。凄まじくおじさんっぽい響きだなあ。

*9:まいっちんぐマチコ先生』状態のこと。

*10:実際は、買うべきか否か2時間ほど迷った。

*11:自転車マダムでも可。女性向けの穴あきサドルもたくさん存在します。