読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メゾン・ド・ふわふわ

エアマックス95世代。私学教職員を経て、フリーランスの物書きに落ち着く。洋服と自転車といぬねこが好き。ここは、お仕事とは無関係の、全くお金にならない文章を綴る場所。私の「じゆうちょう」。

東京いい店イカす店 ~ABOVE BIKE STORE編~

バイクス! おファッション

 遊び半分お仕事半分でオーストレイリア*1に行ってきました。

 自転車野郎と遭遇したらインタビューをしてみようと思っていたのだけれど、何故か殆ど見かけることがなかった。豪州ではスポーツバイクの人気はイマイチなのかしら?単にタイミングが悪かっただけ?

 若かりし頃のケント・デリカット*2によく似た現地の友人に尋ねてみても、

 「ロードバイク?お前は何を言っているんだ?そんなことよりカンガルーを見せてやるよ!」

 みたいな感じ。

 人気の自転車屋さんについて訊いてみても、

 「人気の自転車屋だって?お前は何を言っているんだ?そんなことよりカンガルーを見せてやるよ!」

 自転車関連の交通法規について尋ねても、

 「自転車関連の交通法規?お前は何を言っているんだ?そんなことよりカンガルーを見せてやるよ!」

 ……もういいよ、カンガルーは。

 

『ABOVE BIKE STORE』は、ファットバイクの楽園だった。

  今回は、神奈川県は二子新地にやってまいりました。

 『東京いい店~』を謳っておきながら、早くも東京ですらないわけですが……。

 

 目の前の多摩川を渡れば東京都だから、でえじょうぶだ!(孫悟空*3

 

 ちなみに、川を渡ると二子玉川です。

 二子玉川と言えば、私が大学時代に当時お付き合いしていた女性から別れを切り出された場所として有名。

 高島屋の「つばめグリル*4」で食事中の事だったかな。唐突のお別れ宣告でした。まさに青天の霹靂だし寝耳に水だし藪から棒です。

 せっかくの美味しいハンブルグステーキも、その宣告の後は全くの無味でした。

 何が悪かったのか、ピュアなシャイボーイだった当時の私には皆目見当がつかなかったけれど、いい大人になった今思い返してみても、やっぱりわからない。女心というものは、幾つになってもわからないものですなあ。

 

 さて、過去最高にどうでもいい文章を書いているうちに、目当てのお店に到着です。『ABOVE BIKE STORE』さん。

 このシリーズで過去にご紹介したお店は、もともと何度か足を運んだことのあるお店ばかりだったのだけれど、今回は私も初めて訪れるお店なのであった。ドキがムネムネでごんす。

f:id:maisondefuwafuwa:20160713011420j:plain

 エントランスにはGIROのシューズやヘルメット、そして私も愛用しているビンディングスニーカーが陳列されていた。

 というか、私が欲しくて欲しくて仕方がねえGIROのチョベリグヘルメット*5まで在庫していやがるじゃねえかーッ!

 買うぜ買うぜ今すぐ買うぜーッ!と思ってお財布の中を急ぎ確認したもののあいにく諭吉先生*6がご不在*7だったのでやめた。

f:id:maisondefuwafuwa:20160713011521j:plain

f:id:maisondefuwafuwa:20160713012233j:plain

写真:圧巻のファットバイク(写真のように、極端にタイヤの太い自転車のこと。雪道や砂浜もゴリゴリ走ることができる。)群。ゴイスーの一言です。

f:id:maisondefuwafuwa:20160713012417j:plain

 店内にはFMラジオが流れており、リラックスしたイイ雰囲気。

 私が例のごとく怪しい挙動で店内を物色していると、ヒゲのおじさんが登場。後にわかったことなのだけれど、この人がこのお店のオーナーさんなのであった。

 ヒゲおじさん(失礼)から取材許可を得た私は、そのままお話を伺ってみた。

 このお店では、SURLYやオリジナルフレームである「STEEL ERA」を中心に取り揃えていて、レース志向の本格派ライダーから、ファッション重視のホビーライダーに至るまで満足できるようなサービスを心がけているとのこと。

 驚いたのは、自転車業界の流通やフレーム生産に関する見識の深さ。各ブランドの成り立ちや特色に至るまで、詳しく教えてくれたよ。

 特に印象深かったのが、ファットバイクをはじめとしたアメリカンバイクのフレーム生産にまつわる裏話。

 そうした裏話を伺っていて強く感じたのは、このオーナーさんは自転車業界の(悪い意味での)慣習や常識を打ち破るような「改革者」を目指している方なのかもしれないなあ、ということ。笑顔で話すその裏では、色々なしがらみと戦っている人なのかもしれないな、などと思ったりもした。……まあ、私の妄想に過ぎないのかもしれないけれど。

f:id:maisondefuwafuwa:20160713012636j:plain

f:id:maisondefuwafuwa:20160713011923j:plain

写真:店内にはペイント工房も併設されている。

f:id:maisondefuwafuwa:20160713012119j:plain

写真:アパレルの類も充実。ソックスたくさん!

 兎にも角にも、店内にずらりと並ぶファットバイクは、圧巻の一言!シューズやパーツの類も、カジュアルスタイルを目指しているライダーちゃん達にはジョリーグッドな品揃え!

 今回、初めて伺ったお店だったけれど、かつてないほどに事情通なオーナーさんのお店だったなあ。ファットバイクSURLYをはじめとする米ブランドの自転車に興味のある方は、ここで相談をすると良さそうですな。他所ではなかなか聞けない、濃密で濃厚でディープな話を耳にできるかも。

 

それでは、また次回。

 

 ***************************************

ABOVE BIKE STORE

神奈川県川崎市高津区二子1-25-18

http://www.abovebike.com/

****************************************

*1:所謂、オーストラリアのこと。本格的な発音を心がけています。

*2:メガネ芸で一世を風靡した、米国ユタ州出身のタレント。90年代まではテレビ等でよく見かけた。決めゼリフは「ユタ、馬鹿にしないでよ~」。

*3:何一つ大丈夫ではない状況であっても、孫くんが言うとアラ不思議!なんとなくでえじょうぶな気になってくる。

*4:お手頃価格で「(ファミレスではなく)レストラン」の雰囲気を味わうことのできる、スプレンディドな洋食屋さん。

*5:このメットのチョベリグっぷりについては、後日お話します。

*6:日本銀行券一万円紙幣のこと。大体の人々は、これが欲しいがために日夜労働に勤しんでいる。

*7:いつもご不在なんだよなあ。常に20人ぐらい在宅していてほしいところ。