メゾン・ド・ふわふわ

エアマックス95世代。私学教職員を経て、物書きに落ち着く。洋服と自転車といぬねこが好き。ここは、お仕事とは無関係の、全くお金にならない文章を綴る場所。私の「じゆうちょう」。

大陸産激安折り畳み自転車と私。

折り畳み自転車が欲しい。

 いつものようにズリーゴ(とにかくイカしていると近所で評判の私の愛車、Bianchi謹製シクロクロスZurigo。過去エントリ参照のこと)で海岸線を爆走していたら、DAHONっぽい折り畳み自転車を見かけた。イカす!ぼくちんも折り畳みが欲しい!

 欲しいぜ欲しいぜ今すぐ欲しいぜーッ!

 物欲に支配された私はおよそ30万キロメートル毎秒ほどの速度(いわゆるひとつの光速というやつ)で帰宅!そしてPCちゃんの電源をON!ネットサーフィング開始!DAHONのサイトを検索検索ゥーッ!目当ての自転車発見ッ!結構いいお値段だぜーッ!

 後先考えずにポチろうかと思ったものの、そこそこの価格であらせられるこれらの商品を即座に購入するには、私の所得では心許ない。

 「もっとお安く、それっぽい自転車を手に入れられないものかしら?」

 そう考えた私は、某家電量販店(「なんとかカメラ」みたいなところ)のウェッブサイトに直行。

 画面に表示されるダサくてダサくて仕方がねえ大陸産自転車(何故かクルマメーカーのロゴがついていたりするアレ)たちを眺めていたところ、その中に尋常じゃない安さのブツを発見。

 なに!?カギもライトも付いてくる(但し、百均クオリティ)!?

 「おしゃれで軽快!これで街の人気者!」だって!?

 車体重量17kgほどだけれど軽快!?すごいぜ!

 この内容でなんとお値段14,000JPYほど!?

 安いぜーッ!

 あまりのお買い得感に失禁、そして気絶……。

  

そして届いた大陸産自転車。

 気がつくと10日ほどが経過していた。

 PC上には「これだけの金額を使ったヨ」とかいういらねえメールが届いており、仕事場の玄関先には漆黒の激安自転車が置かれていた。というか、量販店の配達員のあんちゃんが置いてくれた。

 

 早速、各部の点検。

 ……シートポストがキズキズじゃねえかーッ!このド畜生がーッ!

 と思ったけれど、高身長おじさんであらせられる私はどうせロングなシートポストに換装するのでいいやと思った。

 そのほかには、折り畳み機構部に若干のサビが浮いていたりしたものの、私の最終奥義である「気にしない」を発動させたことにより解決。

 まあ、この価格ですし多くは望んでいません。

 ここまでネガティブな感想ばかりですが、ポジティブ情報も一つ。

 点検していて気がついたことなのだけれど、この車体のロゴはただの「ステッカー」なのだな。

 つまり、この手の激安自転車によくある「よくわからねえ上にダサくてダサくて仕方がねえロゴ」を剥がして、プレーンな車体にできちゃうわけです。

 これは嬉しい誤算。

 早速、パーツクリーナーを駆使して全てのステッカーを除去。謎の漆黒自転車の完成です。

 

肝心の乗り味は?

 車体重量17kgは伊達じゃない。重い。超重い。

 担ぎ上げると肩が抜けてしまいそうです。

 しかしながら、乗ってみればまあまあ気にならない程度か。

 いつものズリーゴちゃんと比較すれば流石に重たいけれど、使い物にならないというレベルではない。

 ちなみに、前述したようにシートポストは換装しました。デフォルトのシートポスト長が35cmで、新しく購入した製品が45cm。

 以前はサーカスのクマさんのような姿勢でペダリングしていたわけですが、ロングシートポストに交換することによってかなりマシになりました。

 リアのキャリアとフロントのカゴがなんともキュートだネ。

f:id:maisondefuwafuwa:20170222180148j:plain

f:id:maisondefuwafuwa:20170222180155j:plain

 とりあえず、仕事場近辺をポタリング。これがね、結構楽しいのだよね。車載用のつもりだったけれど、暫くはこれで街乗りを愉しんでみようかと思う。

 

~つづく~

 

↓みんなはこっちでマトモな自転車を買おう!

DAHON OFFICIAL SITE - ダホン 公式サイト

Tern Bicycles Japan ターン バイシクルズ ジャパン