メゾン・ド・ふわふわ

エアマックス95世代。私立大学でキャリアカウンセラーをしたり、紙媒体に駄文を綴ったりしてお金をもらっている。洋服と自転車といぬねこが好き。ブログは非営利。

ポエムと私。3

 今回も名作をアレしてアレしちゃうのだ。

 

ペチペチと

 響く音色は

  おいなりの

 廊下を走り

  ふとももとペチ

あまりにも酷かったので、マイルドに修正しました。

 昨今のちょっとしたエロスですら規制の対象になってしまう風潮に一石を投じるべく作られた挑戦的な歌。おいなりさんが遠心力によってぺちぺちと当たり、軽快な音を奏でる様を情景豊かに詠んだ。すごい。

 

いぬとぼく

 歩む歩幅は

  違えども

 歩む世界は

  いつでも同じ

〜わしちゃんのいぬポエム(少し手直し)〜

 いぬとぼくはいつでも一緒だよ、よいうハートヲーミングな詩。鎌倉のムツゴロウさんを目指しているらしい。すごい。
 

春うらら

 春はうららか

  春うらら

 春はうららか

  うららかな春よ

〜わしちゃんの春ポエム〜

 春はうららかだなあ、というアレ。うららかすぎ。すごい。
 

超眠し。ちょーねむだね。チョーネム・サンダースだね。

 超眠いことを、カーネル・サンダースとかけたウィットに富んだ名作。ケンタッキー鶏肉のおじさんね。すごい。
 

裏山にある古井戸を覗くと、暗闇の底から奇妙なお囃子が聴こえてきた。

 

わんこは下から撫でるのさ♪

上からいったら怖がるよ♫

にゃんこも下から撫でるのさ♪

上からいったら怖がるよ♫

 

恐ろしくなったぼくは、急いでそこから走り去った。

 全国のどうぶつ慣れしていない人々へ警鐘をならす問題作。すごい。
 
つづく