メゾン・ド・ふわふわ

エアマックス95世代。私学教職員を経て、物書きに落ち着く。洋服と自転車といぬねこが好き。ここは、お仕事とは無関係の、全くお金にならない文章を綴る場所。私の「じゆうちょう」。

ポエムと私。6

 暑いですね。あまりの暑さにまいっちんぐマチコ先生状態ですね。それでは、今回も参りましょう。

 

 

寒いんだ

 それにとっても

  眠いんだ

 だけどわしちゃん

  お仕事するよ

 毛布をかぶって

  キーボドかたかた

 5月下旬の肌寒かった頃に詠んだ詩。「キーボード」ではなく「キーボド」としているところに、「なんとしても音数を合わせたい」という執念を感じる。すごい。
 
  

6月なのに寒い。この寒さ、ニセコかな?あの冬の、ニセコかな?

  これもやはり寒さを詠んだもの。「ニセコ愛」を感じさせる良作。行ったことないけど。すごい。
 
 

くそっ!しかも、おふとんがしっとりしていやがる!ベトナム戦争野戦病院かよ!くそっ!

 
 

じっとりと

 まとわりつくような

  この空気

 思い出すのは

  ベトナム戦争野戦病院

 ベトナム戦争野戦病院

  経験したこと無いけれど

〜朝の空気しっとりの詩〜

 二連続でしっとり関連の詩。ちなみに、詠む際は「ベトナムせんそ」としてください。音のまとまりが悪いので。すごい。
 
 

自転車のパトロールにでかけたら、熱い視線を感じたのだなあ。

羨望の眼差し、少年がじっと送る。

いつの時代もステキ自転車は、ぼうやの憧れなのだなあ。

すなふきを

 趣味の一つに自転車がある私。ナイス自転車で走っていると、ぼうやが羨望の眼差しを送ってくるのだ。すごい。
 
 

ギュンギュンギュン

 自転車の加速

  ギュンギュンギュン

 ギュギュギュンギューン!

  ギュギュギュンギューン!

ぬわーん!すぽぽぽーん!

〜国道を走行中に最高にテンションが高まった時の詩〜

 自転車野郎の私が平日昼間のだれもいない国道に出ると、こうなってしまう。すごい。 
 
 

Xファイル』を観て「プロファイリング」という言葉を知った幼少期のわしは、入浴することを「フロハイリング」と言っていた。その頃からダジャレ癖があったのだな。

  もはや詩でも何でもない、ただの思い出話。すごい。
 
 

かみなりゴロゴロ ドンビッシャン!

かみなりゴロゴロ ドンビッシャン!

かみなりゴロゴロ Don't be shy!

 こういうことを言えちゃうのが、ツイッタァの良いところでもあり、怖いところでもある。こんなことを現実で口走った日には、「あいつ、つまんなくね?」となってお仕事が来なくなってしまう。すごい。
 
 今回はここまで。またお会いしましょう。