メゾン・ド・ふわふわ

「かねもうけブログ」ではありません。

「逆走うんこ野郎」と「歩道をロードで爆走すっとこ野郎」。

 近頃、「逆走うんこ野郎」や「歩道をロードで爆走すっとこ野郎」が増えている気がする。なんとなく「野郎」と表現したが、女性のすっとこうんこちゃんも多く見かける。

 

 血気盛んな自転車ボーイであった以前のぼくであれば、そういった不届き者にはすれ違いざまの顔面にグーをお見舞いしてやっていたところだ(本気にするなよ)。

 しかし、不惑を迎え「明鏡止水おじさん」となった最近のぼくはもはやそのようなことはしない。せいぜい「なんで逆走してんのー!?それ逆走だよー!」「その速度なら歩道じゃなくて車道走ろうよー!危ないからさー!」と大声で諭す程度にとどまっている。

 

 こうしたすっとこうんこ野郎に一度のライド(約2時間)につき一度は遭遇している。たまたま不運が続いているだけだろうと思っていたのだが、某自転車屋の店員ちゃんとの会話でこの謎が解けた。

 

 彼曰く、「最近、自転車が売れに売れてるんすよ。」と。

 

 例の疫病の影響で電車通勤から自転車通勤に切りかえる労働者が増え、電動アシスト自転車などが売れまくって笑いがとまらぬ無限ホクホク状態だという。

 その流れで、比較的他者と接近する機会の少ないスポーツバイクをレジャーやフィットネスとして楽しむ人々も増加しているらしい。……「だという」とか「らしい」とか、全体的にふわっとしているのは、その店員ちゃん一人から聞いただけの話だからだ。

 しかし、その情報が正しいとすると昨今のこの「逆走自転車うんこ野郎」たちの増加にもなんとなく合点がいく。要は、自転車に親しむ者が増えるとともに、なんの覚悟もなく「徒歩の延長」として自転車を運転していやがるならず者も増えてしまっているのだろう。

 自転車というものは、道路交通法上の「軽車両」に位置付けられているものだ。ちゃんとしなければならないのだ。

 そういうわけで、皆もこのようなすっとこうんこ野郎を見かけたら、デカめの音量で注意してあげよう。「なんで逆走してんのー!?」と。

『JUNCHAN号』の今後について。

 自宅のガレージが爆発したので(してないけど)、そこを改装することになった。

 そこで問題となるのが、「今現在ガレージに保管されているモノたちをどうするか」だ。クルマに関しては親戚宅に預ければ良いだろう。クルマというものは一般的に「財産」「大事なもの」と認識されているわけで、何も言わずとも相手は丁重に扱ってくれる。

 だが、ロードバイクはどうか。これはスポーツバイクに興味のない人々からしたらロードバイクだろうがシクロクロスだろうがMTBだろうがただの「自転車」「チャリンコ」であり、雑極まりない扱いを受けることうけあいだ。

 何かがぶつかって倒れてガチャン。汚え手で理由もなくサドルを擦り擦り。育ちの悪いキッズがシフトレバーをガチャガチャ、ブレーキレバーをギュッギュッ。このような扱いはザラなのだ。

 そして恐ろしいのが、これらの出来事があったとしても「たかがチャリ」で済まされてしまうことだ。

 クルマであれば、キズでもつけようものなら「申し訳ございません!弁償させてください!」と殆どの場合は向こうから言ってくれる(相手がマトモな社会人であればだけれども)。

 しかしロードバイクではそうはいかない。キズをつけられても、「あらあら(笑)」で済まされてしまう。「あらあら(笑)」じゃないんだよ!グーを食らわせてやろうか、グーを!

 カフェの駐輪場に停めておいても、わけのわからねえ不潔おじいが勝手にぼくの愛車の場所を移動させたりしやがる!てめえの小汚えママチャリとはちげえんだよこのド低能野郎がよお!と思わず罵りたくなってしまう。クルマだったらそんなことしないだろうがよ。何なのかね、この意識の差は。

 

 ……まぁ、やや脱線気味ではあるものの、とりあえずぼくの愛車である『JUNCHAN号』の今後について考えることにした。

f:id:maisondefuwafuwa:20200110132852j:plain

素敵すぎると評判の『JUNCHAN号』

 偏差値70オーバーの高校を出て超一流大学を卒業し私立大学の就職課のナイスガイとして大活躍したのち40歳で早期退職し山奥で高等遊民暮らしをしている超絶イケメンなぼくが一所懸命に考えて導き出したプランは以下のとおり。

 

 

1.オーバーホールに出してみる

 以前のぼくであれば「店なんざあてにならねえぜ」と自前でオーバーホールしていたところだが、

↓「店なんざあてにならねえぜ」に関するお話

maisondefuwafuwa.hatenablog.com

 最近のぼくにはもはやそのような熱情は残されていない。代わりに心を支配するのは「金はくれてやるからイイ感じに仕上げてくれや」というブルジョワジィで怠惰な精神なのであった。

 そういうわけなので、ガレージ改装期間中にどこかのお店屋さんに預けてしまおうかと考えている。

 ネットで色々と調べてみると、ディレイラー等をバラしてネジひとつに至るまで分解洗浄するという「オーバーホールというかそれもうレストアの域じゃない?」というようなことをしている店がそこそこ存在しているようだ。

 費用は純粋な工賃のみで2万5千円から3万円程度が相場か。そこに各種ワイヤー類、タイヤやチューブ、ブレーキパッドやローターなどの費用を入れて5万円ほど。

 

 

2.パーツをバラして新フレームに移植

 all-cityのZIG ZAGあたりを海外通販で入手し、JUNCHAN号に組み付けられた105のコンポ類やDTswissのホイールをそいつにインストォール!!

f:id:maisondefuwafuwa:20210407134809p:plain

all-city の ZIG ZAG

 そして抜け殻となった名前入りのオリジナルフレームは改装後のガレージに吊るして飾っておく。悪くないわね。

 フレームが諸経費込みで17万円で、移植工賃が2万円程度かなあ?

 ブログネタとしても面白いが、そこそこのリスクを伴う話ではある。

 何がリスクなのかと言うと、all-cityの個人輸入だ。大々的に自転車パーツの海外通販を行っているサイト、例えばwiggleといったところであれば問題が起きることは稀だ。

 しかし、all-cityのようなフレームはそうしたメジャーなサイトでは取扱いがないため、all-cityの本国である米国のローカルな自転車屋さんと直接交渉して日本に送ってもらう必要がある。

 こういった場合、彼らが「自転車フレームの輸出」に慣れていないことも予想されるわけで、無用な関税がかかったり、或いはくちゃくちゃになったものが届いたりといった事態も大いに考えられる。……まぁ、そうしたアクシデント込みでネタとして美味しいともいえるけれども。

 

 

3.面倒くさいのでJUNCHAN号は蔵に放り込んで新たにもう一台買っちゃう

 色々と面倒くさいよね。もう新しく買っちゃおうよ。

 もし完成車を新調するとしたら、CANYONのUltimateにすると思う。今と同程度のグレードで30万円か。

f:id:maisondefuwafuwa:20200805153645j:plain

CANYONのUltimate

 だが、このプランは無しだろう。流石に「もったいないおばけ」が出てしまう。

 

 今月中に決断を下さなければならない。「このプランは無しだろう」などと言いつつ、「3」にしていたりして。

 

allcitycycles.com

www.canyon.com